ウェブお役立ちまとめ cheapfansfacebook.com

ウェブお役立ちまとめ


cheapfansfacebook.com
トップ

What's New

運営者情報

クマ大量出没のニュース

クマ大量出没が懸念され、分布域が拡大しているという恐ろしいニュースが報じられました。先日、茨城県でクマに襲われた方がいて、勇敢な飼い犬がクマに飛びかかったことで助かるという心温まるニュースがありましたが、心構えはしっかりしておくべきでしょう。決して他人事だと思わずに、遭遇した時の対処法を調べてから出掛けるなど、注意を怠らずにしたいものです。交通事故や地震、火事などと違い、あまり身近な危険とは言い難いことだと思いますが、クマ大量出没の分布域は、全国的に拡大しているということですから、今まで以上に危機意識を高める必要があるでしょう。

未婚率上昇、晩産化は男女平等化の影響か

「未婚率上昇、晩産化も=仕事と育児の両立困難―少子化白書」このようなタイトルをつけて取り上げれば、社会は出産育児に協力的になるだろうか。男女雇用均等法によって雇用においてジェンダーフリーとなったが、その結果「腰掛け三年」と呼ばれた結婚による早期退職もまた崩壊したのである。「腰掛け三年」の文化の良し悪しはあるだろうが、社会が「女性の結婚・出産・育児」を優先していた時代でもある。男が働き、女が家を守る。そのような図式を崩した現代において、未婚率上昇や晩産化は避けられなかったのだ。仕事と育児の両立に向けた環境整備の必要性と言うが、男女雇用均等法が浸透してまだ日が浅い。次のステップへはすぐには進めないだろう。いち早く「出産・育児におけるジェンダーフリー」を浸透させて欲しいと思う。

国民投票年齢引き下げ

国民投票年齢は現在20歳ですが、4年後には18歳と年齢が引下げられます。20歳以下にも政治的な意思表示ができるということになりますが、実際18歳に引き下げられ投票権を得たとしても、選挙に興味を持つ人は増えるのかが疑問でもあります。もちろん10代から働いている人も多いですが、18歳からを国民投票年齢に定めたとしても、今の政治のやり方を変えない限りは、若い人を惹きつけることはできないでしょう。未来に不安を抱える中、自分の投票ひとつで世の中が変わるとは思えないので、投票することに意義があり、指示した政党により世の中が変化することを理解しない限りは年齢を下げたとしても今と投票率などは変化しないでしょう。